いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会津藩相の歎願

会津藩相の歎願

 先に仙台但木土佐、米沢木滑要人等と関宿に会見せる我が藩相梶原平馬等帰りて仙台、米沢両藩の意向を報ずるに、藩議を遂げ藩相西郷頼母、梶原平馬、一瀬要人連署し仙台、米沢の両二藩によりて左の歎願書を呈す。

蔽藩の義は山谷の間に僻居罷在風気陋劣人心頑愚にして古習に泥み世変に暗く制馭難渋の土俗に御座候処老寡君京都守護の職被申付候以来乍不及天朝尊崇奉安宸襟度一途の存意より他事無之紛骨碎身罷在万端不行届の義に候へども御垂憐を蒙り多年間何とか奉職罷在臣子の冥加無此上難有奉存鴻恩万分の一も奉報度闔国奮勤罷在奉対朝廷御後暗き体の心事神人に誓い毛頭無御座伏見一挙の義は事卒然に発り不得止次第柄にて是亦異心等有之義には毛頭無之候へ共一旦奉驚天朝候段奉恐入候次第に付帰邑の上退隠恭順罷在候今度鎮撫使御東下尊藩へ征討の命相下候由に承知愕然の至斯迄奉悩宸襟候義何共可申上様何御座此上城中に安居候ては奉恐入候に付城外へ屛居罷在奉待御沙汰候間一視同仁の御宥恕を以て寛大の御沙汰被成下度家臣挙て奉歎願候右の段々幾重にも厚く御汲量被下宜しく御執成の程奉懇願候以上

 仙台、米沢二侯は我が歎願書をこれとし、この日仙台藩相但木土佐、米沢の藩相竹保美作連書して両藩の将校に休戦を命ぜしことを総督府に報ず。

会津容保為謝罪歎願之家来共相越候に付陣門へ相通し承り候次第は別て御届申上置候通りに御座候処右容保恭順謹慎降伏謝罪之儀只管歎願申出候に付一先戦為相控置申候全体の儀は追て可申上候得共先以為御聞置此段御届申上候以上






卷五 東方の戦上  会津戊辰戦史1
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/01/22(火) 10:40:35|
  2. 会津戊辰戦史1
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/118-381d84d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。