いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

棚倉回復戦の不成功

棚倉回復戦の不成功

 七月十六日我が兵、仙台、二本松、三春、棚倉の兵を合し棚倉城を回復せんとし、石川郡浅川村より兵を進め、浅川の渡頭を隔てゝ銃撃す、西軍釜子より来りて我が兵を破り浅川の背後を衝く、三春兵途上より離反し西軍に投じて反撃す、ゆえに東軍すこぶる苦戦し死傷多くついに退く、これにおいて列藩兵を須賀川および郡山に収む、この前後三春、守山二藩の挙動すこぶる疑うべきものあるを以て、仙台の細谷十太夫部下に命じて偵察せしめたるに反盟の形跡明らかなり、よりて列藩の諸将相議して三春、守山を討たんとす、仙台の将氏家兵庫いわく、二藩反盟の疑ありといえども未だ明白ならざるに、同盟の藩を討たば、これより人心離反せん、予三春に至り親しくその動静を探らんと、すなわち三春に至り重臣に面してこれを詰る、重臣等欺きていわく、弊藩決して同盟に背かず、十六日の事は真に一時の錯誤に出づと、兵庫悟らず帰りて諸将に告ぐ、諸将またこれを疑わずついに大敗を招くに至れり〔仙台戊辰史〕、小藩が両強軍の衝に在りて存亡の危急に際し、進退の節を変ずるは多少憫察すべきの事情なきにあらずといえども、初は深く秘してその進退を明かにせず、両軍に均しく孤媚を呈し、一朝決意するや、たちまち反噬の毒を逞うせる者、東に三春あり、西に新発田あり。
 この日東海岸方面においては、仙台兵は常盤街道を進み、米沢の兵に西方松林の間に伏し、純義隊、彰義隊、中村の兵は東海岸の防波堤により西軍の来るを待つ、しばらくして西軍大に来り仙台兵に迫り砲銃隊乱射す、仙台兵進んで戦うといえども衆寡敵せずして退く、西軍の追撃すこぶる急なり、この時西方の林間に伏したる米沢兵と東海岸の諸兵と共に起こりて西軍の背後を衝く、西軍狼狽し屍を越えて走る、東軍勝ちに乗じて追撃して四ッ倉に走らす、西軍殺傷過当、東軍の傷兵はわずかに十余人に過ぎず、この日兵を熊野に収む、列藩の将校相議していわく、東軍大旋を得るも援なし、しかして西軍ますます加はり勢支ふべからず、各兵を率いて国に帰るにしかずと、十七日全軍酒を酌んで告別し、互いに戦闘辛酸の労を慰し、十八日兵を各封内に収む、林昌之助はこの地を去り二十二日若松に入り、入城して両公に対面す、人見勝太郎は仙台に至る〔林一夢日記、七年史、仙台戊辰史〕。

{按ずるに東軍が兵を各封内に収めて友藩相馬を孤立せしむるに至りしは武士道上赦すべからざる罪悪なり、この東軍の内に会津兵は純義隊一隊のみ、ただし兵卒は旧幕府の招募兵にて隊長小池周吾および幹部に数人の会津兵ありき、これらの人々は責任を免れ難きは勿論なり。}




卷五 東方の戦上  会津戊辰戦史1
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/10(日) 13:11:15|
  2. 会津戊辰戦史1
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/135-9dadb4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。