いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙台兵の退去

仙台兵の退去

 この時に当り須賀川に陣したる仙台兵は、前後に敵を受け、久しく止まること能はず、総督坂英力は大軍を率いて国に帰らんとせるに、たまたま飛語ありいわく、西軍すでに八丁目(今の信夫郡松川村)に進むと、よって本道より進むの勇なく、薄暮兵を収めて石莚(勝軍山又保成峠とも云う)口に来る、我が将和田八兵衛、北原半介山上の営に在り、半介出でゝ来意を問う、仙将等いわく、前途すでに塞がり本道より弊領地に入るべからず、ゆえに貴封内を過ぎ米沢を経て帰らんとす、半介いわく、この大兵あり路を敵地に開くに何のごときあらんや、今や我が藩兵力を四方に割き寡兵を以て二本松城を回復すること能はざるを憾む、願わくば貴藩これに任ぜよと、仙将等いわく、兵士は疲労し弾薬は欠乏し如何ともするなしと、半介その戦意なきを察し、あえて強いずしてその求めに応ず、仙台兵山上に充満し、わずかに将校を仮営に入るゝに過ぎず、兵士は皆露宿し火を焚きて暖を取る、半介等奔走指揮し辛うじて糧食を供す、かくして仙台兵は猪苗代を過ぎて米沢に入る、仙将日野徳次郎、細谷十太夫等隊兵を率いて尚山上の営に止まりしが、後ついに福島を経て仙台に帰る〔七年史、仙台戊辰史〕。
 八月朔日輪王寺法親王左の手書を伊達慶邦朝臣に賜う。

暄凉適身之候愈御清営令大悦候扨今暁片倉小十郎之急報側向之者内々披露之処其書に云く二本松も落城福島も立退同所軍事局も引拂追々米沢若松始出張之人数繰返し賊兵勝に乗じ川筋も段々下がり瀬上辺へも追々押入桑折宿陣も無心元依て直々引返候云々と右之様子にては早速御国境へも立入候哉に相聞至急之場合と存候間大奮発被有之不囘時日賊徒討滅候半では不相成事にて此方にも甚心細く存候乍御苦労速に御出陣諸隊勉励目出度成功候様致し度此旨極内々御頼申入候余情理乗院より可申述候也
 八月朔日夜認
公現
中将殿
再白時下折角御厭専要に存候本分之趣内々之事に付必す御他言御無用致度候也早々〔七年史、仙台戊辰史、仙台藩戊辰始末〕。






卷五 東方の戦上  会津戊辰戦史1
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/11(月) 12:39:13|
  2. 会津戊辰戦史1
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/138-a4599194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。