いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半蔵金の戦(長岡及び其の付近の戦)

半蔵金の戦(長岡及び其の付近の戦)

 この日早天、森上村に陣せる東軍は半蔵金の西軍を撃たんと欲して兵を三分し、仙台の兵、衝鋒隊は右側の山地よりし、米澤兵は左側の山地よりし、我が第二遊撃隊は街道の正面より半蔵金村に進撃す、米澤の三十目和銃隊奮って敵の一の胸壁に接して進攻し、我が遊撃隊は街道の正面に大砲一門を曳いて猛撃す、我が銃手は山に沿いて進み、しきりに奮戦したるが、隊将桃沢彦次郎傷を負い、全隊退くに乗じ西兵尾撃すること急なり、仙台兵支えずして退きを以て我が第二遊撃隊横撃せられ苦戦し、なお兵を分つて密かに樹間より銃撃す、午の下刻頃に至るまで勝敗決せずして交々退き、衝鋒隊は田野口(一の貝の東半里許)に遊撃隊は荷頃にその他諸隊は橡尾に退く〔西記〕。

六月二十三日朱雀四番士中隊福井村の胸壁に據り昼夜砲戦す〔西記〕。

六月二十五日我が砲兵隊を百束に出し哨兵砲す〔西記〕

 六月二十七日輿板方面へ転陣の令あり、申の下刻頃朱雀四番士中隊、砲兵隊、青龍三番士中隊は見附を発し夜間遊軍し亥の刻頃三条に次す〔西記〕。

六月二十八日朱雀四番士中隊は三条を発し地蔵堂に次す、砲兵隊は三条を発し見附に次す〔西記〕。

六月二十九日朱雀四番士中隊地蔵堂滞陣。

六月三十日砲兵隊見附を発しこの夜地蔵堂に至る。

七月朔日朱雀四番士中隊地蔵堂滞陣。

 朱雀四番士中隊中隊頭佐川官兵衛、軍事奉行頭取と為り若年寄格に進み、軍隊を指揮すること故のごとし〔西記〕。






卷六 越後方面の戦  会津戊辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/08(金) 11:17:49|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/166-cc9eb4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。