いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久田の前役(海岸戦争)

久田の前役(海岸戦争)

 同十二日、子の刻頃新遊撃隊、庄内兵一小隊、結義隊一小隊進発し、夜間全軍を村田山に集合し天明を待って久田の西兵を砲撃したるに、西兵応戦数刻にして退く、佐藤織之進、渡部英次郎猛撃し、西兵は脇山より砲撃す、すでにして三根山の兵来り援け、西兵一たび退きしが、また返りて三根山の兵を砲撃し、三根山の兵すなわち敗走す、全軍なお進撃す、会々西兵出雲崎より来り援け勢に乗じて突撃す、これにおいて本道よりは寄合組野島鐡三郎、下山太郎、鈴木伊三郎、安味慎治郎、結義隊々長渡部英次郎、側面よりは田中末次郎、藤田豊記、新遊撃隊数人吶喊突進し、庄内兵は左右の澤間より、水戸の伊藤辰之助隊は海岸より西軍を攻撃す、西兵胸壁に退き砲戦の距離ようやく遠し、会々朱雀二番寄合組隊中隊頭山田陽二郎兵を率いて来り、直ちに進撃せんとしたるも弾薬すでに尽き勝算なきを以てこれを止め同隊後殿して退く、同隊の戦に会せざりしは地利を暗んぜず、山径に迷いしに由れり、全軍兵を寺泊に収む〔西記〕。

 同十三日、西兵ようやく来り迫るの報あり、すなわち井上、渡部、梅津平次郎を従え山田近傍を偵察して速に略取せざるべからざるを建議す、これにおいて佐藤織之進庄内の諸将と議を決し、山田駅、七ッ石、四木、坂谷、高月、高森(久田東北の諸部落にして久田に近し但し四木は不明)等に出師の部署を定む〔西記〕。

 六月十四日新遊撃隊、庄内兵一小隊、水戸の伊藤の兵は山田に、庄内兵三小隊、結義隊は落水山、坂谷山に、庄内兵三小隊は高月、高森に各兵を出し胸壁を五十余所に築き、対陣すること殆んど三十日昼夜砲戦す〔西記〕。






卷六 越後方面の戦  会津戊辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/16(土) 10:50:32|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/177-2a0d441a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。