いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久田の後役(海岸戦争)

久田の後役(海岸戦争)

 同十九日辰の刻頃東軍久田の西兵を砲撃す、西兵砲二門を以て応戦す、会々西兵出雲崎の海上より軍艦に搭じて東軍の砲台を横撃し海陸並び進む、東軍砲手をして山上に登らしめ、大砲隊頭取原駒之進、伍長秋元幾弥我が砲手六人および村上の砲手五人を督して戦い、齋藤伊織、水戸の伊藤辰之助、寄合組野島鐡太郎奮闘よく防ぐ、未の下刻に至り砲弾すでに尽きたるを以て兵を山上に収む〔西記〕。

 同二十三日、新遊撃隊長佐藤織之進等庄内の将校と議し防備の部署を定む、寺泊は新遊撃隊付属隊松宮雄次郎の兵これを守り、大和田村(七石の東北北にて近し)は村松の砲手これを守り、四木、七ッ石の二村は三根山兵一小隊これを守り、坂谷村は結義隊、庄内兵三小隊これを守り、本営を志戸橋に置き、佐藤織之進は新遊撃隊、寄合組を率い、朱雀二番寄合組隊中隊頭西郷刑部(山田陽二郎辞して西郷これに代わりたるか)は一隊の兵を率い、庄内の総督石原多門、軍監石原友太夫、関茂太夫は三小隊を率いてこれを守る〔西記〕。






卷六 越後方面の戦  会津戊辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/16(土) 13:50:50|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/178-e350063f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。