いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津川の戦(赤谷口の攻防)

津川の戦(赤谷口の攻防)

八月十六日早朝軍事局将校ことごとく出でゝ胸壁を嶮し諸隊の部署を定む、巳の刻頃諏訪峠に銃声を聞くもの三たびに及びたりしかば、兵を胸壁に出し砲を装填して厳に防備を修む、西兵数百人諏訪峠を下り津川の前岸柳新田(諏訪峠南半里)の辺りより角島村(柳新田の東南南半里)側面の渡頭に迫りたるも、東軍すでにことごとく舟筏を収めたれば西兵河(阿賀野川)を渡ること能はず、西兵館址一の胸壁の辺りに迫る、直ちに応戦し喊声を揚げて砲銃を連射し両軍の砲声雷のごとく西兵斃るゝ者多し、戦うこと二時間にして西軍ついに敗れ死傷を収めて柳新田の方面に走る、東軍これを観て喊声を揚げ全軍これに和し声天地に震ふ、この役東軍一人を失はず〔望月辰太郎筆記〕。

これより連日胸壁に守兵を置き守備を厳にす〔望月辰太郎筆記〕。


 八月十三日遊撃隊は鹿瀬村(津川の東半里)に陣し、片桐隊は向鹿瀬(鹿瀬の対岸に在り)の山上に陣す〔遊撃隊日記〕。

 この日陣将上田学太輔は将校を会し、勝軍山の敗報を告げ、且つ目下の方針を議す、諸将これを聞きて憂慮に堪えず、あるいはいわく、敵軍すでに城下に迫る、この地を守るも何の効あらん、全軍退きて城下の敵兵を撃攘するにしかずと、あるいはいわく、北越の西軍大挙追撃せば我が軍の窮迫計り難し、若松城は名城なり、縦令大敵迫るも、俄かに陥るがごときことあるべからず、よろしく兵をここに止めて追撃を防ぐべしと、あるいはいわく、今や事急なり両公の安否を詳にせず、昼夜程を兼て赴き若松の敵を撃攘せずんば臣子の大義に背かんと、衆議紛然として決せず、会々海道組(津川の東に在り東蒲原郡八ヶ村河沼郡二ヶ村を含む、行政区域なり)より報を伝えていわく、今日正午頃より若松の方位に当り雷雲の覆うがごときを見るは、すなわち敵兵城下に侵入し市衛兵火に罹りしならんと、これにおいて上田陣将は望月辰太郎、原嘉平治をして若松城に入り両公の安否を伺い、且つ命を受けしむ、二人即夜子の刻頃肩輿を飛ばして津川を発す〔望月辰太郎筆記〕。

 八月二十四日巳の刻頃望月は束松峠(河沼郡束村松越後街道に在り)に至り、若松城下を遠望すれば一抹の黒煙天に漲り砲声遠雷のごとし、二人ますます輿丁を励まし坂下(若松の西北二里強)に至り、陣将萱野権兵衛高久(坂下の東南一里強)に在りと聞き直ちに高久に至れば、萱野部下の軍隊および近村より集合せる農兵皆槍刀を提げ、まさに進撃せんとして勇気凛然たり、二人すなわち萱野陣将に面し、上田陣将の使令を伝ふ、萱野いわく、若松城は危急迫るがごとしといえども東方面の諸隊退きて漸次入城し防守成ると聞く、今日の急務は一方西方の敵を支えて、しかして一方城下の敵を掃攘するに在り、ゆえに津川の守りは決して徹すべからず、卿等急に津川に返り上田陣将にこの言を伝えよと、二人いわく、城中に入り両公に謁せずして帰るは上田陣将の命に背くなり、萱野いわく、目下城中に入ること難しと、二人止むことを得ず高久を発し、肩輿を飛ばし日暮坂下に至れば、我が兵ここを守り駅中皆火を焚き警備を厳にし人民皆負擔して遁る、子の刻頃舟渡(河沼郡高寺村の字にて越後街道なり、ここにて只見川を経過す)に至れば横山伝蔵朱雀四番足軽隊を率いてこの地を守る〔望月辰太郎筆記〕。

 同二十五日、原、望月は野澤(河沼郡にて越後街道の一駅なり)を経て八田村(鳥居峠の西麓に在り、この峠は東蒲原郡と河沼郡との界なり)に至り我が全軍津川を退却し来るに逢う、二人八木山村に至り上田陣将の来るに逢いて復命す、上田いわく、我が軍城下の敵進撃の議に決し退路に就きたりといえども、萱野陣将の言もまた理なきにあらず、よって只見川を挟みて防戦せんと、二人をして令を軍事局に伝えしむ、二人これを軍事奉行飯田兵左衛門に伝ふ〔望月辰太郎筆記〕。

 この日辰の刻、遊撃隊は鹿瀬村の守を徹して津川に退き若松に向わんとす、会々桑名の兵矢澤村(津川の西一里半)退き、西兵直ちに矢澤に迫らんとしたるを以て、遊撃隊をして矢澤峠(不明)を守らしむ、午の刻津川を発し西村(津川の西半里許)に至り、兵を分ち一は河岸を守り、一は山上に登らんとしたるに、却って山上より西兵の俯撃する所と為り苦戦支えず、退いて津川に至れば我が軍皆すでに津川を退却す、時に日暮れ同隊は津川を発して天満橋(東蒲原郡小川村の字)に至り、片桐の退くに逢い互いに後殿して車峠(野澤町の西北一里半弱)に至れば天ようやく明けんとす、進んで野尻(東峠の東に在りて近し)に至りしに純義隊その他の諸将ここに次せり、遊撃隊は野尻に陣す、純義隊止まりて車峠を守り野尻、野澤の村民を発して山上に胸壁を築かしめ、分隊を派遣して間道を守らしむ〔遊撃隊日記〕。






卷六 越後方面の戦  会津戊辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/18(月) 12:24:08|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/182-b44c4ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。