いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西軍舟渡の背を衝く(赤谷口の攻防)

西軍舟渡の背を衝く(赤谷口の攻防)

 九月五日連日胸壁に據りて砲戦するのみにして戦勢発展せず、これにおいて軍事局は議を決し純義隊と山三郷方面に赴きたる諸軍と保成峠より退却せる大鳥圭介の兵とを以て進撃せしめんとし、樋口源介を館原の陣営(山三郷方面に赴きたる諸軍の陣営地にて日橋川と只見川と合流する所となり)に遣わし交渉して方略を定めしめたるが、樋口未だ帰らざるにたまたま西軍南より若松城下に入りし者兵を分つて坂下を略し進んで舟渡の背を衝く、諸隊、軍事局ことごとく出でゝしきりに発砲して防戦す、前岸の西兵は喊声を発し大砲を連発して来撃し勢甚だ猛烈なり、東軍支えず諸隊、軍事局と共に陣将上田学太輔に従い大原より山を越え宇内村(大原の東一里弱)に退く、片桐喜八は兵を督し止まりて防戦したるも、ついに衆寡敵せずして退く、上田陣将以下全軍山崎(宇内の東北半里)の渡頭を渡り戍の刻頃鹽川に退却し陣将萱野権兵衛の兵に合す〔続国史略後篇、望月辰太郎筆記〕。

 この日、白虎一番寄合組隊一小隊は窪村に在り、他の一小隊は舟渡の胸壁に在りしが、戦敗るゝに及び半隊頭佐藤清七郎隊士十四名を率いて勝方村(河沼郡若宮村の字にて坂下の西南一里に在り)を経て中田に至り、〔高木八郎談〕、遊撃隊組頭樋口仲三郎は柳津街道に退き、徹宵進軍して中田に至る〔遊撃隊日記、結草録〕。

 九月六日白虎一番寄合組隊一小隊、朱雀四番足軽隊、山崎を守る、時に古屋佐久衛門、大鳥圭介の兵は小荒井、小田付(この二村今合併して喜多方町と称す、田付川東を小田付とし西を小荒井とす)に在りたるが、脱走せんとして大に紛擾す〔望月辰太郎筆記〕。

 同十日陣将上田八郎右衛門、軍事奉行添役松澤水右衛門、幌役小池内蔵、簗瀬次郎等小荒井の本営に在り〔望月辰太郎〕。

 この日山崎陥り小荒井、鹽川(喜多方の東南一里半に在り)危急に迫る、上田陣将は小田付、小荒井に在る傷病兵を漆村、川前村(漆村は喜多方の東一里に在り、川前村は漆より大鹽川に沿うて一里許東北北に在り)に移しめ、また鹽川在陣の陣将と議し、我が兵を熊倉(喜多方の東南一里弱)に退かしめ、鹽川の兵と合して方略を定めんとし、急に弾薬糧食を熊倉に運搬せんとするも役夫を得ること能はず、その困難名状すべからず、衆皆力を尽くしてこれを助く〔望月辰太郎筆記〕。

 上田陣将は望月辰太郎に命じて山三郷に向いたる諸隊を熊倉に退却せしむ、望月直ちに馬に鞭つて西に向う、馳すること半里許にして朱雀四番士中隊中隊頭町野主水(佐川官兵衛若年寄に昇進し、町野その後任者たり)等退却し来るに逢うて令を伝ふ、西兵すなわち追撃す〔望月辰太郎〕。

 すでにして小荒井、鹽川の諸隊、山三郷方面より退却したる諸隊は皆熊倉に集合す、陣将萱野権兵衛、同上田学太輔、同一瀬要人、同上田八郎右衛門、軍事奉行頭取飯田兵左衛門、日向左傳、軍事奉行添役樋口源介、柴太一郎、一柳幾馬、田中八郎兵衛、柳田新助、香坂右内、松澤水右衛門、幌役一瀬賀壽馬、太田彦右衛門諸隊将校相議して兵を鹽川街道、小田付街道、漆村街道に部署し、夜に入り篝火を焚き防備を厳にす。
 この時に当り、先に欵を西軍に通じたる米澤藩は、我が藩と西軍と則の間に挟まり苦心言うべからざるものあり、西軍はしきりに迫りて我が藩を攻撃せしめんとするも、両藩の間には同盟の誼ありて戈を倒にして攻撃するに忍びざる事情あり、故にしばしば使節を遣わして降謝を勧む、この日我が軍の本営を熊倉に置くや米藩の使節来りいわく、官軍より攻撃を促すこと甚だ急なり、貴藩降謝の議決せずんば兵を進めて攻撃せざるべからずといえども実に忍びざるものあり、よって貴藩の重臣一人を幣藩に質と為し、これに口を籍りて攻撃を緩うするの外策の出づべきなしと、これにおいて陣将以下軍事方集りてこれを議したるが皆黙して言を発する者なし、独り陣将上田八郎右衛門奮っていわく、予徃かん徃いて攻撃を緩うすること得ば幸なり、もし降謝の議成らずんば彼らの予が頭を斬るに任せんのみと、軍事奉行添役一柳幾馬いわく、予もまた共に徃かんと、議ここに決し二人徃いて米澤藩に質たり、後降謝の議決し開城するに及びてすなわち帰る〔柴太一郎談〕。






卷六 越後方面の戦  会津戊辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/19(火) 11:43:55|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/184-66e3c1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。