いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

進撃軍若松に向う(全軍退却)

進撃軍若松に向う(全軍退却)

 朱雀四番士中隊、砲兵隊、結義隊は若松進撃の先鋒と為り、その他の諸隊は漸次退却し、朱雀足軽隊後殿し、この夜各隊下野に次す〔累及日録、結草録、横山留総日記〕

 同二十日先鋒諸隊暁天下野尻を発し束松峠に登り、若松城下を遠望すれば城市は烟稲の間に存り、諸隊久しく北越の軍に従い苦戦奮闘して今日に至り、この惨澹たる光景を目撃して痛恨に堪えず、未の刻、坂下に次し明日城下の進撃を期す、諸隊相約していわく、穢多町の敵壘を撃破し若松城に入るを以て主眼と為す、ゆえに死傷を顧みるなかれ、傷を負うて起つこと能はざる者は自ら刺して死すべしと、よって身に帯ぶる所の物はことごとくこれを棄て髪を梳り装を整ひ以て令の下るを待つ、この夜将卒を会して共に訣飲す〔累及日録、横山留総日記〕。

青龍三番士中隊は気多宮に次す、半隊頭田中直江は、渡に止まりて部署を定む〔結義録〕。






卷六 越後方面の戦  会津辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/24(日) 16:37:35|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/196-bae130cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。