いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小荒井の戦(全軍退却)

小荒井の戦(全軍退却)

 同十日砲兵隊、朱雀四番士中隊は小布瀬原の急を聞きこれを援けんが為め赴きたるが、途に敗報を聞き兵を総座松峠に返へす、この山は山三郷深山幽谷の地と平野田畝との境界にして、この山を下れば茫々平太にして若松城下に至るまで険悪の地なし、町野主水に言っていわく、この山を退けば、また敵を防ぐの険所なし、ゆえに死力を尽くしてこれに防ぐべし、余もし敵弾に当らば汝らこれを馘せよと、時に軍事局令を伝えていわく、敵兵まさに迫らんとするを以て小荒井に退くべしと、諸隊山を下る頃西兵すでに迫り弾丸雨注す、諸隊小荒井村端の寺院に入り墓石に據り西兵の近づくを待って銃撃し、弾丸尽くるに及び刀槍を揮って戦う、砲兵組頭関清之進大声衆を激励し西兵ついに敗走す、我が軍黄昏兵を熊倉に収む〔累及日録、横山留総日記、関成章談〕。





卷六 越後方面の戦  会津辰戦史2
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/26(火) 16:57:17|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/203-a56ed1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。