いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猪苗代城の陥落

猪苗代城の陥落

 八月二十二日西軍大挙して猪苗代城を襲う、城代高橋権太輔衆寡敵せざるを慮り、見禰山津神社の社司櫻井豊記をして神体を奉じて若松城に赴かしめ、火を社殿と城寨とに縦ちて東方軍事幌役和田八兵衛また専使をして轎を飛ばして急を報ぜしむ〔若松記、七年史〕。

 これより先、藩相白河口総督西郷頼母職を罷められて家に在り、ここにおいて命じて軍事に従はしむ、これにおいて西郷頼母、田中大海、神保内蔵助、萱野権兵衛、梶原平馬および佐川官兵衛等登城し防御の部署を定む〔若松記、栖隠記〕。

猪苗代上街道戸の口方面
 佐川官兵衛は白虎、奇勝、回天、敢死、誠忠の諸隊を督し十六橋を徹して防御すること。
 
猪苗代下街道大寺方面
 萱野権兵衛は敗兵を収めて猪苗代に據るべく、桑名兵二百余人これに属し日橋を焼いて防御する

冬坂方面
西郷頼母は水戸兵百五十人を率いて防御すること。


 西郷勇左衛門守衛総括と為り出でゝ蚕養口を巡視せり、時に市中すこぶる動揺す、すなわち町奉行日向左衛門をして市中を戒めて動揺することなからしめ、且つ市中の壮丁に命じて糧食を戸の口、瀧澤等の陣営に運搬せしむ。

玄武二番足軽隊中隊頭遠山舎人隊兵を率いて市中を巡邏す〔若松記〕。

別楯備組々頭安藤文助以下馳せ集る者二十七人、すなわち城の北追手を守らしむ〔若松記〕。

西郷頼母は水戸兵五百人を率いて冬坂(一に脊灸と云う)を守る〔若松記〕。


 
 



卷八 会津城下の戦 其一 自八月十九日 至八月二十四日
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/31(日) 14:51:42|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/215-49c96892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。