いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神保原の戦

神保原の戦

 砲兵隊新美民、牧原源五郎、輜重兵楡井義太郎、高山勇彌等大砲輜重を運搬して原駅に来る、加藤庫太郎、元木豊吉すでに此処にありて隊長の令を伝えていわく、城下切迫全体進軍に付大砲輜重は海老名郡治に托すべしと、すなわちこれを郡治に引き渡し、役夫に銃弾十余函を負わしめ疾く馳せて本隊に追及せんとし、冬坂を下りて院内に至りしは本隊すでに郭門に突進したりし時なり、会々第三大隊頭天野電四郎、宗川熊四郎、篠田蔀等の兵冬坂を下り来るに逢いてこれと合し、天寧寺町口より進む、天野は馬に袴り喇叭声高く千石町を経て横三日町口より突進せんたるに、待ち構えたる西兵連射し、我が軍応戦すこぶる苦しみ頃刻にして死傷する者多し、天野令して退却せしめんとしたるも衆奮然突撃する者筒井常三郎、牧原源蔵等二十余人、六日町通を進み途に薩兵三人を斃し、宗川熊四郎は槍を揮って別に一人を斃す、なお急進して本一ノ丁に至り埋門より入り、夜に入り本隊に合す、第一砲兵隊小原宇右衛門の戦没するや、飯田大次郎同隊頭たり、この夜胸壁を不明門に築きてこれを守る〔小原隊書出〕。

 砲兵隊の御霊櫃峠を撤退するや、糧食兵器を運搬するに暇なく、兵士をして留守せしめたが、この日兵粮方上伊南隆助、樋口類蔵、福岡仙太郎等浜路に赴き諸品を運送して冬坂を下り院内に至るや、天神口より入城すべきの命あり、すなわち院内橋を渡り小田村を経暁天神口より城に搬入す〔若松記、七年史〕。

 これより先、田中源之進、大鳥圭介等秋元原を発して猪苗代に向かう、漆窪村を過ぎ丘上に立ちて猪苗代地方を望めば西兵絡繹として途に充てり、村民云う昨夜敵兵猪苗代に入り先鋒すでに若松に向へり、恐らくは公等通過するを得ざらんと、よって磐梯山の背後を廻り北方に出でんとし、歩を反すこと一里余の処に於いて井深宅右衛門隊の沼尻より若松に入らんとするに逢い、共に木地小屋に宿し、この日早天雨を衝いて大塩村に至り若松に向かう、時に外藩兵士および婦児等の若松方面より来る者引きも切らず、皆云う今朝西軍若松に侵入し勢甚だ危し、ゆえに皆米澤に赴くなりと、旧幕士林正十郎、本多幸七郎、大川正次郎、滝川充太郎等残兵を率いて来る、これにおいて圭介等相議して若松城の危急は救はざるべからざるも、兵士等多くは檜原に走りたるを以て先づ彼地に至りて兵を収拾し、しかる後進退を定むることに決し、相伴いて、北行せり、独り我が兵百余人は若松に向かって進み、途上松平定敬朝臣の一行に会す、朝臣いわく、予阿兄と分袂の後その消息を審せず、諸子城に入らば予が現状を阿兄に告げよと、これより塩川に至るの間北行する者実に幾千人なるを知らず、皆外藩の士なり、わずかに南行する者は我が将士のみ、塩川に至れば我が兵集まる者二百余人なり、すなわち飯を炊き兵を憩ひて、その進路を議す、足軽五井駒之進なる者あり、衆を排して田中源之進を見ていわく、今や稲煙天に張り砲声地を撼かし君公の安否如何を知らず、これ臣子の難に赴くべきの秋なり、しかるに悠々ここに休息するはその意を得ずと、源之進いわく、汝が言大に善しといえども兵士飢えては用を為さず、若松城は名城なり、食事に時を費やすも敢て後るゝにあらずと、駒之進大に呼んでいわく、空腹の人何ぞ砂礫を食はざる、我は難に赴くの身なれば途に斃るゝも可なりと言終って出づ、将士為に振う、これにおいて兵を整いて高久を経柳原より進んで西追手より城に入り、将士は黒金門に於いて二公に謁す、時天まさに明けんとす〔七年史、南柯紀行〕。

 敵兵若松に侵入するに及び日光東照宮神体を依然延壽寺に安置するは兵火の恐あるを以て、これを安全の地に移すの必要起こり、途中万一の危険を慮り東照宮神体を唐櫃に収め普通貨物の風に装い、人夫をしてこれを擔はしめ藩兵服装を変じてこれを守衛し、大楽院主等随行し、城西より出でゝ潜行米澤に至り、更に神体を守衛して山形に赴き留まること約三十日、この時輪王寺宮および同盟諸藩ことごとく降伏したるを以て、神体を山形より仙台に護送し輪王寺宮の寓所に保蔵したり、すでにして輪王寺宮は藤堂藩兵の御衛により、十月十二日仙台を発し京都に赴くに当り、神体を収めたる唐櫃を宮の什物の一として宮の輿後に従って運送し、日を重ねて太田原に至るや、宮は密かに神体に訣別して南に向かい、唐櫃は日光に保蔵すべき什器なりとの名義の下に大楽院主および神職等これを日光に護送し、しかるに後東照宮に安置せり〔荘田三平聞書〕。

{仙台戊辰史によれば、戊辰十月輪王寺宮の仙台より京都に発向するに当り、「東照宮の神体及什器は別当護りて行列の後に随う」と書し密送の法を取りたることを記せず、一説として玆に附記す。}

 八月二十四日城の北溝を隔て藩士の邸宅あり、西兵その中に伏し出没して城中に銃撃し城兵すこぶる苦しむ、我が諸将相議して火をその邸宅に放ち、これに乗じて鼠賊を一掃することに決し、午の下刻頃中野克江、大東喜久彌をして火箭を射て田中、坂本、三宅等の諸邸を焼かしむ、すなわちにして諸邸火揚りたれば千葉権助、甲長笹原彌五郎砲兵をして三砲車を曳かしめ、小室隊、山浦隊これを援く、金吾左衛門これを指揮し三ノ丸埋門を出て進撃す、戦利あらず兵を城に収む、たまたま風大に起こり郭内の諸邸ことごとく猛火となり稲煙天に張る、西兵留まること能はず皆郭に退いて人影なし〔若松記、七年史〕。

 これより先、新練隊頭土屋鐡之助は大平方面鳥羽村に出陣せしが、八月の初め若松に帰り、士気を振作し、且つ死傷兵を補充するの策として、軽輩の士卒と農町民とを問はず、敢死の兵を募集摎用するの急務なることを建議して、我が公の容るゝ所と為り、これにおいて新募の敢死兵二百人五十人を率い、二十二日白河に向かって若松を発し、二十三日途にして若松の火光を望み、徹宵疾駆してこの日若松に回り、横三日町口に戦い六日町口を過ぎ三ノ丸に入る、また鳥羽に在りし新練隊幌役菊池順蔵は鐡之助の不在中留守隊頭たりしが、城中の急を聞き兵を回へし、この日馬入口を入りて原駅を過ぎ、冬坂を越えて天寧寺町に至る、西兵市中の家に匿れて乱射す、隊応戦利あらず死傷多し、これにおいて兵を正法寺前に整い、小田通を過ぎ行く々々銃撃して天神口より入城す。
 新練隊小隊頭高橋橘太郎は隊兵を率い本一ノ丁諏訪社米代方面を追撃し、南町口郭門傍において西兵(加州兵)一人を斃し火を米代川原方面に放ちて西兵を迎撃す、たまたま西兵北追手に迫ると聞き、本一ノ丁大町通より小田垣方面を追撃し夜城に入る〔新練隊高橋直衛書出、若松記、本書会津の形勢参観〕。

 遊撃寄合組隊組隊頭蘆澤生太郎は兵八十余人を率い、二十三日中地村を退き院内に至り我が兵の来り集まる者と共に城に入らんとし、石引路より高井町に入り願成就寺前に至れば西兵の為、臺ノ町の端より射撃せられ利あらず、中長町より溝畔に至れば衆皆離散して止まる者わずかに十二人なり、日暮に及び空屋に潜み夜半出でゝ院内に至り福王寺彦太郎等の来るに逢い入城の策を議す、会々茶道草刈春晢城中より来り天神口より入るべきやを告ぐ、蘆澤等馳せて天神口より城に入る、辰野源左衛門もまた兵を収めて天神口に入り、直ちに兵を進めて淨光寺に屯集せる西兵と小田町に戦う、指図役諏訪左内川に沿うて進み西兵を横撃し左内傷を負う、日没に至るも勝敗せず、すなわち兵を収めて三ノ丸に入る、朱雀二番士中隊中隊頭田中蔵人は南方より兵を収めて来り、飯寺村より馬端を経黒川に沿うて天神口より隊士三十七人を率いて入城す。
 大平方面の陣将原田対馬は警を聞き部下の諸隊朱雀三番士中隊中隊頭原田主馬、青龍二番士中隊中隊頭有泉壽彦、朱雀三番足軽隊中隊頭鈴木義登、奇正隊中隊頭杉浦丈右衛門、砲兵隊の諸隊を合し軍事奉行神尾織部、幌役齋藤官蔵、北原次郎、神保平八郎、門奈治部等を率いて湯本に至る、勢至堂以北の陣将内藤介右衛門もまた青龍一番士中隊頭木本内蔵之丞、青龍一番足軽隊中隊頭鈴木式部、朱雀寄合組隊頭山田清助、玄武足軽隊中隊頭中林三郎右衛門、勇義隊佐瀬義之助、義集隊指図役黒河内友次郎、会津隊頭野田進、二番新隊頭坂平三郎、軍事奉行倉澤右兵衛、幌役生駒初太郎、西郷鐡次郎、野出和泉、津田範三、樋口十太夫、三井計之助等を率い冬坂を越え羽黒山に上り城下の戦況を遠望し糧食を伝えて夜山を下りて湯本に至り、原田陣将の諸隊と合す、その兵一千余人内藤、原田および海老名郡治の三将議して隊次を定め、内藤介右衛門は全軍を総督す〔若松記、七年史〕。

 初め我が藩は四境に出兵して防御し、敵軍の侵入斯く迅速なるを思わず、たまたま飯田兵左衛門の如きありて城外米庫の米を城中に移送すべきことの急務を建策したるも、庸吏の讒謗によりて行われず〔本書会津の形勢参観〕、ゆえに一朝危急に際し糧食を城中に運搬するに暇あらず、為に城中食糧欠乏し只君家の食糧僅少を存するのみ、勘定奉行和田勇蔵大にこれを憂い部下をして二ノ丸の社倉を開かしめたるに、貯蓄米数百俵ありたれば農兵をして本丸台所の倉庫に置かしめ、玄米を炊きて食用に供せり、この日代官猪狩勝之助、佐々木源五郎、川手幸八、丸山喜内、飯笹七郎兵衛命を受け、飯寺代官所より糧米を城中に運搬し、また高橋誠八、村松権太郎等も命を受け属吏を督して米、味噌、薪炭等を城中に運搬し、または命じて城外に在る諸隊より糧食を提供せしめたり〔若松記、七年史〕。

 この日我が兵高久村に集る者七八十人、山内遊翁これを率い長岡の兵坂下より来り会す、萱野権兵衛これが総督たり〔若松記、七年史〕。

 我が公騎西信蔵、山口澤右衛門に命じ城を出て米澤に赴き応援の兵を催促せしむ、二人肩輿を飛ばして米澤一ノ関に至るに、前方に大樹を伐り倒して路を塞ぐ、二ノ関に至れば徳川氏その他外藩の兵士数百人枯木を拾うて焚き関門の開くを待つ、二人守兵に向かって余等は寡君の命によって貴國に使するものなり、速に開門せよと云いたれば守兵将長に稟してこれを許す、二人進んで綱木に至り我が藩平尾豊之助米澤より帰るに逢う、平尾いわく、この関を守れる将長に余が知れる者あり、共に徃きて出兵を謀らんと、すなわち対面してこれを説く、彼いわく、弊邦固より兵寡く、且つ皆出でゝ四方に在り、ここを守る者は農兵、商兵にして指揮官両三人を付するに過ぎざれば如何とも為し難しと、これにおいて平尾と別れ二十五日米澤城下に至り、直ちに君命を伝えて援兵を促したるに、有司いわく、貴國の急救はざるを得ざれども兵少なくして力に及ばず、小坂口の兵一両日中引き揚げの筈なればこれを以て貴國を援けんと、すなわち先に来りて滞留せる山田貞助と議してまさに帰らんとしたるに、会々藩相諏訪伊助、仙台より帰るに逢い、詳に若松の状況を告げ、且つ説いていわく、聞く所によれば不日榎本武揚艦隊を率いて仙台に来らんとすと、彼と力を協せて西軍の背後を衝かん、これ策の得たるものにあらずや、請う直ちに仙台に至りてこれを謀れと、伊助いわく、事方に急なり若松に帰り両公に謁して後方針を決せざべからず、仙台には尚留まる者あり、用局の吏を派遣せば足れりと、貞助いわく、これらの事は余等の及ぶ所にあらずとて之を辞す、伊助止むを得ず、仙台に掛けり、二十八日二人帰国して復命す〔若松記、騎西信蔵手記〕。






卷八 会津城下の戦 其一 自八月十九日 至八月二十四日
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/05(金) 11:30:05|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/224-71789600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。