いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

護衛隊

護衛隊

 この日、西郷寧太郎建議し十三歳より十五歳に至る有志の少年隊を組織し、名づけて中軍護衛隊と云う〔護衛隊〕、寧太郎その隊長を命ぜらる。
 八月二十六日、我が公大庭恭平をして古屋佐久左衛門に賜う所の親書を携え高久の本営に至らしむ、折柄西軍高瀬口より高久を襲撃し我が軍利あらず、兵を小荒井に収む、恭平すなわち小荒井に至り、公の親書を佐久左衛門に致す、時に衝鋒隊瓦解の状あり、恭平百方説いて隊勢を維持せしむ、佐久左衛門は大鳥圭介と共に猪苗代進撃の議を唱ひ将士を率いて猪苗代に向いたれば、上田八郎右衛門は恭平をして追跡して進撃のことを謀らしむ、圭介、佐久左衛門いわく、兵粮弾薬は乏しく戦うべからず、今、小笠原侯、板倉侯、福島に在り、我ら福島に至り進撃を謀るべしと、隊兵ことごとく福島に赴く、恭平等止むを得ず共に福島に至る〔大庭恭平書出、南摩綱紀筆記〕。






卷八 会津城下の戦 其二 自八月二十五日 至八月二十九日

スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/07(日) 08:34:43|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/230-0d88c8f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。