いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敵軍の総攻撃

敵軍の総攻撃

 時に西軍の参謀伊地知正治、山縣狂介、板垣退助等は相議し、斯く大軍深く敵地に入りて久しきに彌るときは変事の起こらざるを期し難し、よって一挙して城を抜くにしかずと決し、諸軍の向う所を部署す〔続国史略後篇〕、この日、西軍数万孤城を包囲し、一斉に攻撃し連射したる石榴弾は樓櫓殿閣に当って破裂し、轟然天地を震動しほとんど人語を弁ぜず、死傷算なく城中火しばしば起こり天主閣破壊して登ること能はざるに至る、城兵もまた生を期せず壁に嬰りて能く防ぎたれば、西軍力尽き薄暮砲声ようやく止む、しかして城中時を報ずるの鐘は三旬の久しきに亙るも日夜廃せず、鐘声は砲声と相和す、我が将士の城外に在る者これを聞いて城の陥らざるを知る、児童等飛丸に馴れ紙鳶を城上に放ちて嬉戯するに至れり〔続国史略後編、七年史、若松記〕。
 




卷八会津城下の戦 其三 自八月晦日 至九月二十四日



スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/10(水) 10:30:08|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/238-e607e2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。