いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一の堰の戦

一の堰の戦

 九月十五日西軍齋しく攻撃すること昨日のごとし、城兵屈せず皆死を決して戦いたり〔若松記〕。

 この時越後方面の総督一瀬要人は佐川官兵衛と議し、越後より退却せる朱雀四番士中隊、朱雀二番寄合組隊、青龍三番士中隊、白虎一番寄合組隊、結義隊、片桐喜八隊、菊池順蔵隊、大澤次郎隊と北方にある諸隊を合して城外の敵を撃攘せんとし、総督一瀬要人、陣将上田学太輔、諏訪伊助、上田八郎右衛門、軍事奉行頭取飯田兵左衛門、軍事奉行日向左傳、同添役樋口源助、柴太一郎等は十四日の夜半塩川を発し幌役は諸隊に各一人付属す、全軍沼上村より渠橋を渡り、路を西南に取り直行して佐野村防堤の南方に至り、大川を徒渉し、高久橋を渡り、塚原村を経て眞渡村に至る頃天すでに明けたり、陣将萱野権兵衛は中荒井村に在りしが共に進みて上荒井村より本郷村を経て大川を渡り一ノ堰村、羽黒村、花坂村を占拠してここに陣す〔望月辰太郎筆記、町野主水談〕、この日、巳の刻頃一部を以て大川端に戦い主力を以て大川に沿いて飯寺村の西軍を衝く〔会津戦史〕、西軍奮戦激闘飛弾雨のごとし、朱雀四番士中隊および各隊は勇進して西兵を中野村、徳久村に撃退し、徳久村に放火し、夜に入り交々退く〔若松記〕。

 この戦において総督一瀬要人は負傷し数日を経て死す、しかして西郷刑部の率いし朱雀二番寄合組隊の徳久村、中野村に進撃するや、西軍の三面より反撃せられ、隊頭刑部は敵弾に倒れ、敵勢潮のごとく寄せ来り我が軍一時苦戦に陥るしいえども、ついに崩勢を挽回し、敵を散乱せしめ弾薬を奪い大捷を博し日暮れ退陣す〔若松記〕。

 また大竹主計の率いて純義隊は堤澤村に進出して敵と放火を交え勝敗未だ決せず、すでにして敵御山村に迂回せんとするの状あるを以て、急に進撃して亡ぐるを追うて青木村に至りその退路を掩撃したれば、敵散乱して小田山に遁逃す、日暮れ我が軍御山村に退陣す、この戦に隊頭主計は負傷し後死す〔若松記〕。

 この日の戦、東は小田村、青木村より西は大川沿岸に亙る戦にして我が軍勝利を得たりといえども、将校は一瀬要人、西郷刑部、大竹主計の外白虎一番寄合組隊中隊頭原早太、軍事奉行添役茂原半兵衛、朱雀四番士中隊小隊頭秋月新十郎、幌役下平庸太郎等を失い、青龍三番士中隊中隊頭木本慎吾、軍事奉行添役柴太一郎、歩兵頭菊池順蔵、白虎一番寄合組隊小隊頭大場秀之助、朱雀四番士中隊付属小隊頭中川景次郎は負傷し、無事なるは町野主水、大澤次郎のみ、以てその激烈の一端を知るべし、西軍もまた死傷多く青木村方面に戦いし佐土原兵のごときは将校ほとんど尽き、小田山上より城中を連射せし大砲をことごとく山下に運搬し退軍の用意を為せしと云う〔累及日録、若松記〕。

 白虎隊士南摩節は砲兵隊組頭南摩彌三右衛門の弟なり、城に在りて防戦に力めたり、彌三右衛門は先に傷を負いて城中に治療したるが、節は大に兄の負傷を憂い、一食を得る毎に必ずこれを贈れり、次兄数は砲兵隊士たりしが、この日城外に進撃せんとするに当り、節は味噌漬の大根を得てこれを贈り、陣中定めて食物に乏しからん故にこれを呈すと云へり、すでにして弾丸節が腹部を貫き佩ぶる所の双刀もまた砕けて散じたり、傍人その名を問いたるに節神色自若として南摩彌三右衛門が弟節なりと言い了りて瞑せり、時に年十五〔若松記〕。

 九月十六日西軍城を攻むること甚だ緩なり、盖し力を以て抜くべからざるを知り唯重圍して糧尽き力屈するを待たんとするものゝごとし、但し時々小戦あるのみ。






卷八会津城下の戦 其三 自八月晦日 至九月二十四日
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/12(金) 09:38:42|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/242-2c69c0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。