いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

関山の戦

関山の戦

 同三日中津、人吉、今治の兵来り西軍に合し、全軍また来りて関山を襲う、我が兵各所に埋伏して西軍を乱射し勝敗未だ決せず、時に薩兵我が背後に廻り来撃せるを以て我が軍ついに支えずして本郷に退き、転じて高田に陣せる我が軍に合せり、この日敵の死傷宇都宮数十名にして佐賀兵、薩州兵これに次ぐと云う、我が軍の戦死者は朱雀四番足軽隊小隊頭渥美保太郎の外士卒十数名ありき〔会津史、大沼郡誌〕。

 九月四日西軍関山を発し本郷に至りて退陣す〔会津史〕。

 同七日城中諸将相議し密かに兵を率いて城を出て西軍を襲い、その糧食兵器を奪い以て我が軍資に供せんと欲す、陣将佐川官兵衛は朱雀三番士中隊、朱雀三番寄合組隊、進撃隊、朱雀二番士中隊、別選組隊、砲兵隊の諸将に水戸の兵を合せ全軍一千余人を率い、末明に鳴りを鎮めて南町門を出て馬橋より一ノ堰村に至る頃天已に明けたり、面川村を経て彌五島に次す〔続国史略後偏、自警偏、若松記、津田範三筆記〕。

 同八日、青龍三番士中隊、遊撃隊、結義隊等越後より退軍し来り会したれば、佐川官兵衛これらの諸隊をして飯寺の西軍を襲はしめたるが利あらずして還る、すなわち諸隊を部署し朱雀三番士中、朱雀三番寄合組の二隊は本道より大内に向い、進撃、朱雀二番士中、別選組、砲兵の諸隊は間道より出でゝ西軍を挟撃することを約す、この日大雨行軍すこぶる困難を極め夜小塩村に宿す〔続国史略後篇、砲兵隊戊辰戦記〕。






卷九 南方の戦
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/15(月) 10:18:55|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/251-ded5c2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。