いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋月奥平の贈答

秋月奥平の贈答

 九月二十四日官軍猪苗代に謹慎せる旧幕府歩兵頭加籐平内以下並高田藩、郡上藩脱走の兵士四百六十人を長州、大垣兵をして東京に護送せしむ〔大垣藩奥羽征討史資料〕。

 この前後より旧封内の人民妙国寺に至り魚鳥果実等を二公に献ずる者相絶えず〔浅羽忠之助筆記〕。

 十月十七日佐賀藩徳久幸次郎妙国寺に来り梶原平馬に面し、我が公、喜徳公および家臣五人を東京に召すの書を伝え、且つ十九日出発すべき旨を陳ぶ。
松平肥後
松平若狭


右御用候条東京へ罷登候様
 但供人父子にて七人を限る
萱野権兵衛
梶原平馬
内藤介右衛門
手代木直右衛門
秋月悌次郎

右五人之者御用候条一同東京へ罷登候様
 但肥後始護送之儀は肥前藩へ被仰付候事〔浅羽忠之助筆記〕


 十月十九日両公妙国寺を出発す、萱野権兵、梶原平馬、内藤介右衛門、山川大蔵、手代木直右衛門、倉澤右兵衛、井深宅右衛門、丸川主水、浦川藤吾、山田貞介、馬島瑞園等随行す、佐賀藩徳久幸次郎兵を率いてこれを護衛す。
 秋月悌次郎は長州の参謀奥平謙を越後に訪ふ、発するに臨み予め事あるを慮り一書を留む、すなわち其の書を官軍に出す、これより先、九月二十四日越後方面長州の参謀奥平謙輔書を若松眞龍寺の住職河井善順(痴塊また慈雲院と号す)に托して我が藩秋月悌次郎に贈る、その書にいわく、

不相見八九年 何日月之不我待也 拊髀之嘆 人皆有之 想子亦当然也 千里各天 彼此参商 天命無常 朝不謀夕 遂使我二三兄弟 不好是溝 戎則随之 命也 将亦何言」不侒以歳之六月 承乏帷幄 従事長岡 其七月自柏崎海路襲柴城 遂取新潟 持其余○以臨米澤 米澤君臣如崩其角 本将使介相通 以試普国之暇 整酒薬相贈 以傚羊陸之風流 不料王師自東者 先祖生以著其鞭 悵恨悵恨」夫貴国為旧幕府亦至矣 無貴国則徳川氏之鬼其不餒 臣各為其主職也 李布之節雖不及韓張之先見 此之丁公之貳 則有余矣 貴国以之 旦也大東之気不振末有如今日之甚也所謂朝歌夜絃為奏宮人 国皆有之 方今求所謂不義之義者亦不可得 況眞節義乎 是乃聖天子所以当宇長嘆 而外夷所以鼓舌失笑也 詩曰 他山之石 可以攻玉 天下無石久矣 今貴国頑然為石 使天下各政其玉 則貴国不獨為旧幕府罄其節 有大造于海内亦大矣 則弊邑輿被其賜矣 猶恨執心不一 守城不了 使古英雄鳥井元忠輩獨擅其美 不侒竊為我州惜之」雖然既徃不咎 遂事不諌 所願者聖天子若以楚荘之心 封内故国使撫其臣民 他日辺海有警 被堅執鋭 為士卒先 以所以其報徳川氏者 致之朝廷以表其自新之心 亦一事也 足下其思之」吾国有落合生者 文章之士也 乃足下之来持其文以請是正者 今猶好在 学以益進 不侒之帰有日矣 貴城咫尺 匹如萬里 前途猶遠 保重保重 不一
 戊辰九月二十四日 源居正頓首


秋月悌次郎これに答ふる書にいわく、

被賜客月念四日之書 薫誦数次 且懼且愧 僕亡国之遺蘖 謭劣無似 将何辞以答 雖然 辱足下之厚諭 如不尽言之 則老寡君之寸丹無所白 而僕之情事無所伸也 故忘擢髪之罪 敢陳其一二 願足下諒之」夫老寡君之素志固在天朝 不獨為故幕府也 僕昔年西遊抵貴藩 左兵衛佐久間氏曰 以尊王室恭順幕府為目的 又戍年之夏 小幡邸監持藩公上幕府書来曰 示諸藩公輿重臣 以為是賛成之 以為是賛成之 以為非斥言之 其書大意曰 開鎖末也 弊邑之所以従事者 專為是也 吁貴藩之所議先獲我心 僕故曰 尊王室乃所以恭順幕府 恭順幕府亦所以尊王室也 弊邑雖至親 豈獨阿私徳川氏哉 夫一徳川氏也 貴藩幕府視之 故情義之所係 不無厚藩小意同 此亦自然之勢也 来書曰 以其所以報徳川氏者致之朝廷 言之懇篤非足下豈能如此讀至于此 泫然流涕 微足下僕亦豈尽言之 夫視孺子之将人井 奔競救之者 人之情也 況宗家之危急 豈忍坐視 然所謂舎爾霊亀者凶矣 弊邑終不得得左右宗家 宗家亦終不得統率諸侯 猶已溺之兒不可救矣 則弊邑専遵奉王室固也 且他今春伏水之一挙 人之所皆知 今不復贅焉 老寡君東帰思過 遣使於列藩 謝罪於朝廷 屛息待罪月余日 何料道梗塞 至情不達 及大兵壓彊四面受敵 之有一二残人 略我貨財 害我士女 会無王師弔恤之意 故尽我甲兵以応之 亦武門之常事已 方狐城受圍之日 背城借一 兵食雖少 猶足以支時月 及聞米藩人之言 始知王師問罪 君臣恐懼 乃投戈乞降 奉還土地 納兵器 待罪僻境 兵邑無他之意於是可見已 苟其不然聞道猶迷 冥頑決死 則為王室之罪人 而終天之憾不可解焉 是以不為死守 引罪呼天 亦君子所宜道心也 嗚呼包胥哭庭之使末帰 而鄭伯牽羊之辱已見 事勢至此復何言 復何言 弊邑之罪載在朝典 斧鉞之誅所甘受也 聖天子若乃思先帝之処遇 不忘祖先之勤労 而使弊邑比小諸侯 不絶其先祀 則辺海有事之日 尽不晪之弊賦 為王之先駆 果如足下之所称 則不獨弊邑之被其澤 実天下之至幸也 雖然方今賊視我者 将食其肉瀦其家 不然袖手傍観如不知者 故生死肉骨者非貴藩而誰 弊邑残兵雖○ 鼓舞而訓練之 猶可用也 国人冥頑不移 今已決然入地 待斧鉞 是乃翻然傳意 自新之機也 於此時 聖栽寛宏 封内故国 輿之位官 則其臣民出於聖外 忠勇剛武 実倍蓰於前日必矣 而知其機者 非足下而誰 傳曰 君子知冤 小人不知 今若一切 罪而殺之 則人或将曰 君引罪如此 臣引罪如此 然聖裁一何厳也 世之懐二心者 将環城自守以弊邑為戒 僕所恐者実在于此 私欲告於大方君子 末得其人 会蒙孝明之恵顧 故唐突左右 敢布腹心 宗社淪胥 方寸已乱 言無次敍 願足下裁之 候属嫩寒 為国珍囁 不了
 戊辰十月六日 秋月胤永


 眞龍寺の僧河井善順は方外の身を幸に旧藩の再興を図らんと欲す、これにおいて小出鐡之助は善順即ち紫雲院の徒弟と為り大盛と称し、秋月は眞龍寺の従僕と為り、別に山川健次郎、小川亮の二少年を寺小性として伴い、五人潜行して越後に至り奥平を訪ひ、国家再興の周旋を依頼し、且つ二少年遊学の事を囑す、秋月はその帰途興亡の事に感じ左の詩を賦し世の膾灸する所と為る。

行無輿兮帰無家 国破孤城乱雀鴉 治不奏功戦無略 微臣有罪復何嗟 聞設天皇元聖明 我公貫日発至誠 恩賜赦書応非遠 幾度額手望京城 思之思之夕達晨 愁満胸臆涙沾巾 風淅瀝兮雲惨澹 何地置君又置親〔山川健次郎の河井善順傳〕

 十一月三日二公東京に至る、我が公および梶原平馬、手代木直右衛門、丸山主水、山田貞介、馬島瑞園は因州藩主池田慶徳朝臣の邸に、喜徳公および萱野権兵衛、内藤介右衛門、倉澤右兵衛、井深宅右衛門、浦川藤吾は久留米藩主有馬慶頼朝臣の邸に幽せらる〔松平家譜、浅羽忠之助筆記〕。






卷十 戦後の処置
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/18(木) 09:17:12|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/256-48f73e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。