いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白虎隊屍体の埋葬

白虎隊屍体の埋葬

 これより先、瀧澤村肝煎吉田伊惣次なる者、飯盛山に白虎隊隊士の屍体散在して風雨にさらされ空しく山鴉野犬の飢腹を飽かしむるの惨状を目撃し、傷心の余三四の村人と謀りて棺を作り、先づ数箇の屍体を収容能棺して妙国寺および飯盛山に埋葬したるに、たまたま官軍黒羽藩兵に発見せられ檻倉に繋がれたるが、訊問の結果会津旧藩士の命を受けて為したるものにあらざるの事実判明したるを以て将来を厳戒して放免せられたり、取締を命ぜられたる町野主水は伊惣次よりこの事を聞き原田対馬に禀議し、樋口、高津、大庭、宮原、中川等と若松参謀府に至り、参謀三宮幸庵に面し白虎隊死屍埋葬の許可を請い、爾来数日反覆交渉の後飯盛山自刃白虎隊士に限りようやく埋葬の許可を得たり、よって町野等は埋葬費を調達し、飯盛山の要地をトし墓地を定め、伊惣次等をして散在せる白虎隊死屍を収容せしめ、またすでに埋葬したる屍体はこれを発掘し、総べて殉難白虎隊十九士の屍体をその墓所に埋葬せり。





卷十 戦後の処置
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/20(土) 10:06:25|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/262-9de64d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。