いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幕府陸軍高等武官の一部

幕府陸軍高等武官の一部

陸軍奉行 諸大夫 五千石高

同並 同 三千石

歩騎砲兵奉行 同 三千石

同並 同 高不詳

歩騎砲撒兵頭 同 二千石高(慶応三年の武鑑に砲兵組之頭布衣千石高とあり)

同並 布衣 千石高

諸兵指図役頭取 目見以上(富士見寶蔵番組頭之上席) 四百俵高

同指図役 同 不詳

同指図役並 同 不詳


 右の諸役の或るものに勤方と云うものあり、これは部屋住の者の任命せられしものなるべし。

 幕府の官制と今の官制とを比較するは困難なれど大体次のごとくなるべし、陸軍奉行同並は今の陸軍中少将に該当するものゝ如し、諸兵奉行同並は大佐に相当し、諸兵頭同並、諸兵指図役頭取、指図役同並はそれぞれ中佐少佐大尉中尉少尉に相当するものゝ如し、右の外諸兵頭並と諸兵指図役頭取との間に、諸兵指図役頭取改役あり、頭取より少し格の上なる官なり其の待遇詳ならず。
 諸大夫は五位に叙せられ任官せられて何官何頭等と称す、但し其の職務なきは勿論なり、布衣とは幕府役人の一階級にて六位に相当すれども叙位なし、また六位に相当する官名を称することなし、目見以上の者は将軍に謁見し得る者を云う、高とは役相当の知行高を云う、仮令ば陸軍奉行に任ぜられたる人の家禄五千石以上ならば別に給輿なし、もし五千石未満ならば不足分を蔵米を以て補足するものとす、これを足高と云う、歩騎砲工兵は召募兵にて概ね農工商出身なり、無頼の徒も少なからざりきと云う、奥詰縦隊は番方の人、即ち大番、書院番、小性組、新番、小十人等の士を以て編制せるものなり、しかして武鑑には奥詰銃隊頭五千石高とあれば無論諸大夫なりしならん、また同並三千石高とあり、撒兵隊は幕府の家人を以て編制せり、奥詰銃隊、撒兵隊は慶喜公将軍に就職後の改革にて出来たるものにて之に関する法令は不備なるが如し〔山内長人男書面、編者記憶〕。






卷十一 附録
スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/24(水) 09:34:06|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/275-6e6aa96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。