いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

解題

解題

 丸山国雄



 明治維新史上会津藩の立場はまことに興味深々たるものがある。見方によれば、幕末史における左幕雄藩の中にて異質の存在とも言い得る。特に京都守護職在任中公武一和の精神に徹し、孝明天皇の篤き信任を賜い、一方頑迷な江戸在任の老中に抗してひたすら皇居の守衛と治安の確保に努力した。
 会津藩に関する幕末維新の通史は他藩にくらべて寥々たるものがあるが、纒ったものでは山川浩著京都守護職始末、北条雅長著七年史及び本書を挙げることができる。だがこれらの書も他藩の書に比して数段劣るものがある。それは征討軍の包囲下に城下が焼失したことと、明治以来久しく賊軍の汚名を受けたため同藩関係者の史料が散逸してしまったからである。最近維新史の研究が進み、勤王諸藩の言動についてもその真相が解明せられるに及んで、佐幕諸藩の研究も活発に行われるようになり、当時の世界情勢、欧米列国の帝国主義的植民主義的野望遂行の一環としての日本の立場、国内における政情の複雑性や雄藩の野望がひき起こした国内闘争の真因が鮮やかに描き出されるようになった。
 本書は七年史の次を補うべく書かれたもので、主として藩主容保の京都守護職就任以後について詳述されている。特に大政奉還後新政府の幕府に対する処置についての不平から起こった鳥羽・伏見の戦争以後に重点を置いている。
 既に藩主松平容保は終始一貫して朝廷に恭順の意を表していたが、旧幕府を徹底的に膺懲しようとの計画を立てていた薩州藩は討幕挙兵の口実をつくるべく、江戸を中心として暴動を起こし、遂に開戦するに至った。事の経過は「七年史」に記述されているが、なお詳かでない点があり、本書を発行してその次を補ったのである。原書は十一卷からなっているが、本書はこれを上・下二卷に収録し、上卷には大政奉還から奥羽鎮撫総督府の設置、荘内藩の降伏までを収め、下卷では主として長岡の戦闘から会津城の攻略までを記し、会津藩降伏後の善後処置について述べている。なお第十一卷は松平家譜及び会津へ入る口々、征討軍の暴掠の状を記し、東北・越後諸藩の抵抗の状を補っている。




 本書の記事はほぼ編年体を用いているが、これを項目別に分け、類従体も併用している。七年史と重復しているところがあるが、奥羽鎮撫総督下参謀世良修蔵(長州藩士)の行状について詳記し、暗殺された原因を明かにしている。また白虎隊の屍体埋葬についても問題があり、征討軍一部の者の中には釈然としない者があったが、滝沢村肝煎吉田伊惣次が飯盛山にその屍体が散乱し、風雨に晒されて山鴉野犬の餌となる惨状を目撃し、村民と謀って棺をつくり、屍体を収容納棺して妙国寺及び飯盛山に埋葬したところ、東軍征の兵に発見されて檻倉に繋がれて訊問されたという。また一般戦死者の埋葬についても町民の拠金によって行われ、阿弥陀寺及び長命寺に分葬し、墓標に殉難之墓と題して建てたところ、参謀よりその撤去破壊を命ぜられた。
 特筆すべきは二十余名からなる女隊が従軍を志願したことである。軍将はこれを許さなかったが、切に乞い藩軍の後に従って出陣した。何れも剃髪し、袴を穿ち、薙刀を提げて参戦した。二十才を過ぎたばかりの若き女性が中心であった。戦後一般藩士は旧南部領の一部であった斗南に移封されたが、同地は不毛地帯で全部を移住せしめることは不可能であったので、一部は会津に留まり、或は農商に帰するもの、或は北海道に移住する者、或は東京その他の地に移り、全国に散逸した。その苦難は辛酸を絶するものがあり、筆者も生存者から直接話を聴いたものである。
 会津城を攻略するには、盆地のこととて多数の人口がある。その口々が記録されていることは研究者にとって非常に便利である。また教育方針については「会津藩教育考」が本叢書に含まれているので省略する。
 本書には落穗集ともいうべき挿話が多数収められているので、会津藩の研究には是非一読の必要があるであろう。また最後まで執擁に抵抗した同藩の意向が如何なるものであったか、その目的、士気昂揚の原因を見る上に役立つものが多い。










スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/04/24(水) 10:12:07|
  2. 会津戊辰戦争史2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/278-c324b13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。