いがぐり史料館

大きな声にかき消されてしまった本当の歴史、真実への探究にご利用ください。主に幕末史に関する史料を掲載していきたいとおもってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目次     『京都守護職始末2』

一 文久四年正月

二 将軍家望外の恩遇

三 わが公に賜うた深秘の宸翰

四 わが公守護職を罷め、軍事総裁職となる

五 わが公参議を辞せられる

六 専使を馳せて城邑留鎮の重臣を戒飭する

七 軍備更張と摂海の防備

八 わが公ふたたび京都守護職を命ぜられ、辞表を呈する

九 徳川慶喜卿の弟余八麿をわが公の嗣子とする議

十 横浜鎖港と長門の処置に関する勅書

十一 将軍京師を発し、東帰の途に就く

十二 藩士柴司の自尽

十三 毛利慶親卿の重臣の入京および軍令状

十四 長州藩士川端亀之助から定敬朝臣に呈した緘書ならびに送戦書

十五 長防追討の勅による総督慶喜卿の令と部署

十六 戦端を開く

十七 蛤門の戦

十八 主上わが公の平癒を祈らせ賜う

十九 七月戦役の行賞

二十 わが公の病まったく癒える

二十一 将軍家入京、参内する

二十二 征夷大将軍徳川家茂公薨ずる

二十三 わが公の嗣余八麿を将軍の嗣とし、余九麿を改めて嗣とする

二十四 天皇の御不 予ならびに崩御

二十五 わが公再度参議の恩詔を拝し、これを受ける

二十六 嗣子余九麿初めて参内する

二十七 政権奉還の議起る

二十八 政権奉還の上表

二十九 密勅

三十 毛利敬親父子の赦免

三十一 王政復古の詔勅

三十二 徳川慶喜卿、時事について上奏

三十三 徳川慶喜卿、奸党の罪状を奏聞

三十四 伏見開戦

スポンサーサイト

テーマ:歴史関係書籍覚書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/08(木) 10:32:53|
  2. 京都守護職始末2
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/tb.php/34-338128cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。